image

お見積もりのフローチャート。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ステップ1 今ある家具をじっくり眺めて。

image

頭の中で考えてもむずかしい。身近な家具をみて、こうなってたらいいのにな!をメモしてください。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ステップ2 メジャーでいろいろ計ってみましょう。

image

(計ることで、こまかいサイズが見えてきます。立っているときの家具の位置、座っているときの家具の位置を数字化してゆくことで、見えないことがみえてきます。)ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

image
image
image
image

よく使う生活品と一緒に、家具の使い勝手を考える。

image

(アイデア、工夫、ひらめきを起こす)ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

手書きの落書きを用意して、仕様を入力してお見積もり。

image

(お見積もりフォームに書き込んでみる。)ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

数日後、お見積もり価格とケイワイからの質問が帰ってきます。

image

(実際にどんな感じに帰ってくるかが見えるように)ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

お見積後の流れ

image

(正式発注からお支払い、お届けまでのチャート)ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。ここにテキストを。

お見積もりを依頼してみる

手書きで家具のイメージを書いてみよう。

書いてみると、要望希望がいろいろ見えてきます

お見積もりを依頼してみる